【約400人の戦国武将が登場】信長の野望・戦国群雄伝の感想とおすすめの購入方法

信長の野望・戦国群雄伝

信長の野望・戦国群雄伝信長の野望・戦国群雄伝は1988年に発売されたシリーズの三作目になります。

オリジナルはパソコンのPC88版となり、PC98、X68000、FM TOWNSなど当時の主流となったほとんどのパソコン機種とファミコン、Playstation1などの家庭用ゲーム機にも移植されています。

Windowsb版は「コーエー定番シリーズ」として後にリメイクされました。

この「信長の野望シリーズは」2019年11月現在までに14作品も出てる非常に息が長く三國志シリーズとともに光栄(現:コーエーテクモゲームス)の代表作となっているシリーズになります。

今回はリメイクされたWindows版(DMMダウンロード版)をベースにご紹介しています。

 

信長の野望・戦国群雄伝のゲーム概要

信長の野望・戦国群雄伝ゲーム開始時には統治する国の大名を選択します。
大名により能力はもちろん異なり、シャッフルすることでランダムに変更することも可能です。

この戦国群雄伝は前作の「全国版」から東北・九州などが削除されている為、伊達氏や島津氏は残念ながら登場しません。

その代わり大名以外にも配下武将の概念があります。

 

信長の野望・戦国群雄伝メインのマップ画面は横にスクロールすることで他の国の勢力も見渡せます。

音楽は菅野よう子氏が担当しています。
大名が信長以外で流れる一般大名のBGMはとても名曲でした。

Windows版では画面上にコマンドがあり「内政」で国力を上げて収入を増やしたり「外交」で他国と交渉したり「戦争」を実行して領土を広げたりできます。

各武将に行動力が設定され、コマンドを実行するたびに消費します。
行動力は毎月、政治力の30%で回復するので政治力の高さは内政以外でも重要度が高いといえます。

 

信長の野望・戦国群雄伝他国に攻め込むんだり攻め込まれると戦争シーンに突入します。
戦争には戦場で戦う「野戦」と城の中で戦う「籠城戦」があります。

この野戦では朝・昼・夜があり、夜は夜襲をしかけることができ、通常より大きなダメージを与えることができます。

なお兵種は「騎馬」「足軽」「鉄砲」の3種があり、大名は一部例外を除いて「騎馬」になります。

信長の野望・戦国群雄伝追い込まれた敵国の大名は籠城することもあります。
この「籠城戦」では狭い通路の中を進むので一度に武将を進ませることが難しくなります。
さらに城内には門があり、攻撃して門を壊さないと先に進むことができません。

 

信長の野望・戦国群雄伝 そして苦戦の後、勝利を治めることで敵国の配下武将の采配を決定することができます。召し抱えてどんどん配下を増やしていきましょう。

信長の野望・戦国群雄伝ただ国が無くなり行き場を失った大名だけは斬首一択になります…。
こうして各国の大名を次々と撃破して天下統一を目指します。

なおシリーズでは今作ではプレイヤーの大名が無くなっても配下武将から一人跡継ぎを選んでプレイを続行することが可能となりました。

信長の野望・戦国群雄伝の詳細情報

ゲーム名 信長の野望・戦国群雄伝(コーエー定番シリーズ)
ブランド名 光栄(現:コーエーテクモゲームス)
発売日 1989年12月(PC88版)
ジャンル 歴史シミュレーション
対応OS Windows95/98/Me(Windows版)
Windows:7/8.1/10(DMMダウンロード版)
販売価格 1,980円(Windows版:税抜)
2,178円(DMMダウンロード版:税抜 2019年11月現在)

信長の野望・戦国群雄伝をプレイした感想

私がパソコンのPC98で遊んでいた時は周りの友達は「信長の野望・戦国群雄伝」と「三國志Ⅱ」を遊ぶ人が多かったほどの人気作でした。

どちらも古いゲームなのでゲームのテンポ的にはいささか荒い部分もあります。

いい意味で戦国群雄伝の方が戦闘力の高い武将の攻撃が極端に強く能力差が激しく感じました。
夜襲もうまく使えば三國志Ⅱより格段に速く一回の戦争が終了します。

ただ、籠城戦に入ると逆にてこずる場合があります。
大軍で攻め込んでも狭い通路だと一度に進めず、さらに門も破壊しなければいけません。
さらに、籠った大名が裏口から脱出してひたすら逃げられるとかなり厄介になり、最悪とどめをさせず期限切れで負けになったりすることもよくありました(苦笑)。

なので戦力的に有利であっても確実に仕留めるなら2部隊以上で攻め込むことをおススメします。

戦闘力が高い武将が多い方が戦場で有利でゲームも開始直後からバンバン攻め込んで撃ち落として配下を加えて行けばかなりハイペースで領土の拡大が進みます。

ただ捕らえた武将を斬るか召し抱えるかと思った時、配下武将の能力がわからないのが難点でした。

 

そして戦闘力以上に大事なのが行動力。
前述しましたが政治力の数値が重要になります。。

行動力がなければ行動が何もできません。
例え戦闘力が高くても戦場にも出れません。

最悪、せっかく戦争で勝利しても直後に敵国に攻め込まれ「行動力がなくて放棄した」という形で強制的に敗北になったりします。

 

古いゲームだからかわからないですけど三國志Ⅱ以上にクセの強い部分が随所にありますが、それを逆手に取ればそこが面白く感じられるテンポのいい陣取りゲームです。

なお隠しイベントで「本能寺の変」を発生させることもできます。

そして一般大名選択時のBGM「時の調べ」は本当に名曲です。
ただ私はPC98版の方が好きでした。
この曲を聴きたいだけの為にゲームを起動することもよくありました。

一つ残念だったのは今回のDMMのダウンロード版ではフルスクリーンに対応していませんでした。(コーエー定番シリーズのは未確認)

信長の野望・戦国群雄伝のご購入はこちらから

信長の野望・戦国群雄伝を遊びたくても、さすがに現代でPC88や98の環境を整えたり高額となってる対応製品を買うのは困難です。

その後Windwosでリメイクされた「コーエー定番シリーズ」の方は定価こそ安いですが、対応OSが古いので現行のパソコンで遊ぶことはほぼ動作が難しく、当時のOSのパソコンをを持ってる方にしかできません。
しかも新品の販売価格は恐ろしく高額となっています。

そこで本サイトではWindows7、8.1、10に対応し、しかも格安で購入できるDMMのダウンロード版を一番おすすめします。
現実的にPCでは一番整えやすい購入方法になります。

 

信長の野望・戦国群雄伝

 

コーエー定番シリーズ信長の野望戦国群雄伝

【大海原を冒険するPCゲーム】大航海時代の感想とWindows10で遊ぶ方法

大航海時代

大航海時代大航海時代は没落した貴族の子孫である主人公が成り上がる為に航海に旅立つリコエイション(シミュレーション)ゲームです。
歴史上の「大航海時代」を舞台にしていますがストーリーはフィクションです。

オリジナルは1990年にパソコンのPC88シリーズやPC98シリーズで発売され、その後PC9801版をベースに復刻した「コーエー定番シリーズ」としてWindows対応版が廉価版として発売されました。

大航海時代のゲーム概要

大航海時代ゲームはポルトガル領のリスボン港からスタートしますが、航海に出るにもまだ色々と準備不足です。

序盤は最低限の船員と水や食料を集め、交易所で買った商品を積んで航海に出て近郊の他国の港で買値より高く売ることで利益を得て地道にお金を稼いでいきます。

 

大航海時代港を出ると海上のマップに切り替わります。
水と食料がなくなると日に日に船員が減っていき、やがてゲームオーバーになるので残量には常に注意が必要です。
まずは遠くには行かず、地中海を中心に航海し、港をどんどん発見していきましょう。

 

大航海時代お金が貯まってくれば船を新造したり中古船を購入できます。
交易向きや戦闘向きなどじっくり考えて船を選んでください。

推進力の高い船はスピードが増し、積載量が多い船は水や食料や特産品をたくさん積んでより遠くへの交易や冒険が可能となります。

 

大航海時代冒険するマップはとても広いです。
航海中は暴風やねずみが発生したり海賊に追われたりと決して順風満帆とはいかず、トラブルが続きます。

 

大航海時代時には海賊や他国の艦隊と戦闘になることもあります。
船員による近接攻撃や砲弾による間接攻撃を駆使して相手の船を沈めましょう。

船員の人数や装備など戦闘の準備が不足している場合は勝ち目がないのでとにかく逃げるしかありません。

 

大航海時代航海中に新たに港を発見したり、他国に投資して同盟港を増やしなりなど、特定の条件を満たせば名声が上がります。
規定値に達すれば、港の人から依頼がかかり、指定された交易品を集めたり条件を達成することで主人公がその国に貢献したことになります。

やがて王様から勅命が下り、達成することで爵位を得ることができます。
手紙の配達程度は簡単ですが、海賊を退治したり宝を探すのはなかなか大変です。

このように大航海時代は航海して名声を上げてストーリーが進行するゲームです。

大航海時代の詳細情報

ゲーム名 大航海時代(廉価版:コーエー定番シリーズ 大航海時代
ブランド名 光栄(現:コーエーテクモゲームス)
発売日 1990年5月(PC88版)・廉価版/不明(Windows版)
ジャンル リコエイションゲーム
対応OS windows98/Me/2000/XP
販売価格 通常版 /9,800円・廉価版/1,980円(税抜)

大航海時代をプレイした感想

大航海時代のゲーム性はオンリーワンです。
何もかもが今まであなたがプレイしたゲームと違った感覚と面白さが味わえます。

船に乗って大海原を冒険する、というのは様々な経験をすることができます。

交易をして遠方で高額で売ったり、暴風雨や海賊から逃げ回ったり。
食料がつきそうになった時に新たに港を発見して救われたり、
古代の遺跡を発見したり、宝の地図をもらって苦労の末発見したり。
そして王の勅命で海賊を探し回って退治したり…。

船で冒険するロマン、醍醐味がこれでもかと詰め込まれてます。
食料不足や暴風雨や海賊などが進行を妨げ、ゲームとはいえ大海原に旅立つということの過酷さを身をもって知ることができるのです。

ただ、様々な試練を乗り越え、目的をやり遂げた時の達成感はそれだけ格別です。

大航海時代と大航海時代Ⅱのご購入ならこちらから(2019年7月現在)

大航海時代を安く早く購入してすぐに楽しみたいならDMMからのダウンロード購入がおすすめです!

対応OSはWindows7/8.1/10なので現行のパソコンなら問題なく遊べます。

 

大航海時代

 

 

なお主人公の人数を増やし、それぞれ別のストーリーが楽しめる大航海時代Ⅱも同様にダウンロードできますので一緒に遊んでみて下さい!

大航海時代

 

 

なおWindowsで販売されていた「コーエー定番シリーズ」の大航海時代は廉価版とはいえ、古いゲームで在庫も少ないため高額になってるのは否めません。

ただ商品の品薄状態を考えると、どうしてもダウンロードではなくソフトとして手に入れたい方は在庫がある時がチャンスと、考えを切り換える必要があります。

 

 

古いOSのWindowsパソコンのご購入ならこちらから

「コーエー定番シリーズ」の大航海時代を手に入れても現行のWindowsマシンのOSでは対応していない為、仮にインストールできても正常に動作しない可能性があります。

今ならWindowsXPのパソコンも1万円以下で買える機種もありますので、少し余裕がある方は古いゲームを遊ぶ為にWindowsXPなどの古いOSのパソコンの購入もご検討してみて下さい。

 

WindowsXP

 

【Windows10PCで遊べる】三國志Ⅱの紹介とレビュ―【復刻版】

三國志Ⅱ

三國志Ⅱ三國志Ⅱは中国の三国時代を舞台にした歴史シミュレーションゲームです。

ニンテンドーDSなどの携帯ゲーム機などにリメイクされた「三國志2」とは別作品で、この「三國志Ⅱ」は「三國志」シリーズの正式な第二作目です。

オリジナルは平成初期に活躍したパソコンのPC88になり、グラフィックを強化したPC98版を元に、「コーエー定番シリーズ(廉価版)」としてリメイクされWindowsパソコンで遊ぶことができるようになりました。

三國志Ⅱのゲーム概要

三國志Ⅱ三國志Ⅱでは時代背景や登場武将が一部異なる6つのシナリオが用意され、好きな君主を選んで中国41ヵ国の統一を目指します。

なお初期配置の空白地には好きな名前で「新君主」を作ってお好きな名前の君主でプレイすることができ、三国志の舞台に参戦することも可能です。

メインとなる戦略画面では、「開発」や「施し」を実行して兵糧や収入を増やすことができます。
「外交」では敵国と同盟を組んだり、「計略」で敵国を陥れ、不利な状況にすることもできます。

このようにいつ何をやるにも自由ですが、「戦争」には武将の頭数をそろるのはもちん、「徴兵」で兵士を集め、「訓練」や「武装度の強化」などそれなりの準備が必要となります。

 

三國志Ⅱ三國志Ⅱの武将は352人登場し、それぞれ計略や内政に影響する「知力」、戦闘時の攻撃力や訓練に影響する「武力」、民への施しや人事面に影響する「魅力」などの能力が数字で表現されています(MAXは100)。

武将によって得意、不得意な分野があるのでうまく役割を考えて使い分ける必要があります。

 

三國志Ⅱ敵国に攻め込んだり、逆に攻め込まれるとヘックスマスを動き回る戦争フェイズに入ります。

移動して敵武将に隣接して攻撃、敵を囲んで一斉攻撃が基本で、突撃をすると被害は大きいですが一ターンで大ダメージを与えることができます。
また知力の高い武将ほど火計の成功率が上がります。

城を落とす、君主(総大将)を倒す、敵の兵糧が尽きると勝利になり、一ヶ月で決着がつかないと来月に持ち越されます。

敵武将にお金を払うことで寝返らせることも可能ですが、逆に味方の忠誠心が低かったり相性が悪いと、こちらも味方から裏切られ戦況が急に悪化して逆転される可能性もあるので緊張感のある戦争が楽しめます。

三國志Ⅱの詳細情報

ゲーム名 三國志Ⅱ(廉価版:コーエー定番シリーズ 三國志Ⅱ
ブランド名 光栄(現:コーエーテクモゲームス)
発売日 1989年12月(PC88版)・廉価版/2000年12月15日(Windows版)
ジャンル 歴史シミュレーション
対応OS windows95/98/Me/2000(Windows版)
販売価格 通常版 /不明・廉価版/1,980円(税抜)

三國志Ⅱをプレイした感想

サクサクと遊びやすく三國志の世界に浸れるゲームです。

選択した君主によって配置国や配下が異なるので、難易度は変わります。
最初はやり方に慣れるまでは自国が敵国に囲まれてなかったり、優秀な配下がいる君主を選ぶことをおすすめします。

三國志Ⅱの戦場ではとにかく武力の高い武将が活躍します。
武器を購入して武装度を固めた武力の高い武将でガンガン突撃していけば戦闘はかなり有利に動きます。

その為に人材の「登用」などをうまく使って他国の忠誠心の低くて武力の強い武将をどんどん集めて行くのが勝利への近道です。

寝返りが成功すると敵の部隊をそのまま味方にできるのが爽快です。
ただ呂布や魏延など三国志の史実で裏切りやすい武将は忠誠度100でも簡単に寝返るので出陣するときは注意が必要です。

取られたら取り返すだけですが(笑)。

一方で知力の高い武将が戦場であまり活躍できないのは残念なところです。
それでも計略を駆使し、同盟国との共同作戦や援軍などうまく利用して乱世を乗り切るなど、実際の三国志の君主の立場に自分がなって、自由に好きなやり方で国を動かして天下統一を目指せるのがこのゲームの面白い所です。

三國志Ⅱ(コーエー定番シリーズ)のご購入ならこちらから(2019年10月現在)

三國志ⅡをWindowsPCで遊ぶにはコーエー定番シリーズか、DMMでのダウロード版になります。

とくにDMMのダウンロード版はOSがWindows7/8.1/10に対応しており1,320円とお手頃価格なので非常におすすめです!

 

三國志Ⅱ

 

なおコーエー定番シリーズ 三國志Ⅱは古いゲームなので希少性が高く、廉価版とはいえ定価よりどうしても高くなってしまうのはご了承ください。

amazonでは最安値で約6,000円以上からになります。

 

 

古いOSのWindowsパソコンのご購入ならこちらから

コーエー定番シリーズ三國志Ⅱは現行のパソコンだとOSが対応していない可能性があります。
ゲームのパッケージにはWindows95~2000までと書いてありますが、ウィキペディアの記載にはXPも含まれていて、実際、私のノートPCのWindwsXPマシンでも正常に動作してくれます。(参考の為)

今ならWindowsXPなどの古いOSのパソコンも1万円以下で買える機種もあるので、少し余裕がある方は三國志Ⅱをはじめとする古いWindowsゲームを遊ぶためだけに購入を検討してみてはいかがでしょうか。

昔のゲームでも面白いゲームはたくさんありますので、レトロゲームが好きな方は一台くらいあってもいいと思います。

 

WindowsXP

【三國志曹操伝のレビュ―】Windowゲームでトップクラスに面白いシミュレーション!

三國志曹操伝

三國志曹操伝
三國志曹操伝は英傑伝シリーズの第5作目のシミュレーションRPGです。

私は長年、数多くのゲームをプレイしましたがこの三國志曹操伝はかなりお気に入りのゲームで何度でも遊びたくなります!

三國志曹操伝のゲーム概要

三國志曹操伝は中国の三国時代をなんと曹操中心に物語が進み配下の許褚や司馬懿など魏の武将とともに乱世に挑みます。

ゲームはほどよい難易度で選択肢によってルートが変わるので、ゲーム内容、ボリュームともに非常に満足できます。

なおIFルートは衝撃的な展開が待ち構えています。

三國志曹操伝戦闘は性能の違うユニットを動かして定められた条件をクリアしていくシミュレーションRPGです。
基本的に歩兵系は弓系兵に強く、弓兵系は騎兵系に強く、騎兵系は歩兵系に強いというじゃんけんのような三竦みの関係性です。
ゲームが進めば賊兵系、策士系、風水士系など様々な性能のユニットが登場してきます。

三國志曹操伝の詳細情報

ゲーム名 三國志曹操伝
ブランド名 コーエー(現:コーエーテクモゲームス)
発売日 通常版/1998年12月11日・廉価版/2002年11月8日
ジャンル シミュレーションRPG
対応OS windows95/98(廉価版はMe/XPにも対応)
販売価格 通常版 /9,800円・廉価版/1,980円(いずれも税抜)

三國志曹操伝をプレイした感想

三國志の世界、曹操が好きなら是非遊んでみることをおすすめします。

戦闘は序盤からほどよい難易度で、徐々に難しくなっていき、ユニットの数や種類が増えてくる終盤はかなりの歯ごたえを感じさせてくれます。

ただこのゲームはいつでもセーブができるので、ターンの行動前に一度保存をしておけばその後、仮に選択した行動が失敗したとわかっても何度でもやり直すことができるので根気があれば普通にクリアは可能です。

ストーリーも主に青ルートと赤ルートに別れて二回分楽しめるのもうれしいです。
ただそれまでの選択肢などの行動が含まれるので別のストーリーを楽しみたい場合は最初からやり直して行動を赤なり青に寄せて選択していく必要があります。

とにかく戦闘が夢中になるほど面白くて手が止まらず時間を忘れてしまいます。
ボリュームもありすごく楽しめるゲームです。

三國志曹操伝のご購入ならこちらから(2019年4月9日現在)

三國志曹操伝は通常版と廉価版の2種類があり、いずれも発売から長い年月が経っているため入手が非常に困難です。

ほとんどの販売店や通販サイトで在庫切れや取り扱いがなくなってる中、amazonでは現在、通常版も廉価版も在庫が残っています。
ただ通常版は若干、廉価版は大幅に定価より高くなってます。

廉価版は対応OSがwindowsの95、98に加えてMeとXPにも対応しているので定価より高価格は仕方ないのかもしれません。
さらに今後品切れになる可能性を考えると入手できるタイミングは限られていると思われます。

なお私の所持している通常版はWindowsXPのPCでも普通に動作してくれます。(※環境にもよりますが参考までに。)

 

三國志曹操伝

コーエー定番シリーズ三國志曹操伝(廉価版)

古いOSのWindowsパソコンのご購入ならこちらから

なお今ならWindowsXPのパソコンも1万円以下で買える機種もありますので、少し余裕がある方は三國志曹操伝をはじめとする古いWindowsゲームを遊ぶためだけに検討してみてはいかがでしょうか。
三國志曹操伝はそこまでしてプレイするだけの価値があるほど面白いゲームだと思います。

 

WindowsXP