【アリスソフトのRPG】闘神都市Ⅲ(とうしんとし3)のレビュ―【Windows10対応版あり】

闘神都市Ⅲ(とうしんとし3)闘神都市Ⅲ(とうしんとし3)はアリスソフトの人気RPG「闘神都市」シリーズの第三作目です。

今作は2014年にはニンテンドー3DSに「闘神都市」というタイトルでリファイン移植されました。

闘神都市Ⅲのゲーム概要

闘神都市Ⅲ(とうしんとし3)闘神大会は闘神都市で年に一度開催される闘技大会。
参加者は女性をパートーナーにして出場することが義務付けられ、勝利した者は24時間の間、敗者のパートナーを自由に、好きなようにできる権利が与えられます。

闘神都市Ⅲ(とうしんとし3)主人公のナクトは5年前に闘神大会に参加し、以来、行方不明となった父親を探しに自身も大会への参加を決意し、パートナーには幼馴染の羽純(はすみ)を指名しました。

 

闘神都市Ⅲ(とうしんとし3)闘神都市に着いたナクトは、大会参加中は主に宿屋に泊まることになります。

そして都市内の酒場や道具やなどを利用することができ、ストーリーの進行やイベントなどで行動範囲が広がっていきます。

 

闘神都市Ⅲ(とうしんとし3)酒場のハニワ浪漫は様々な人が立ち寄る場所で色々な情報を得ることができます。

 

闘神都市Ⅲ(とうしんとし3)道具屋ココリコでは冒険に必要な武器や防具や回復薬が売られています。
また付与素材を購入することでナタクの能力を強化する時に使用できます。

 

闘神都市Ⅲ(とうしんとし3)ナクトのステータス画面です。
光や炎など属性が5種類存在し、各属性には熟練度が設けられています。

 

闘神都市Ⅲ(とうしんとし3)ナクトはレベルアップすることで戦闘や探索に役立つスキルをどんどん覚えます。

スキルは9つまで装備でき、最大3パターンの設定が可能です。
組み合わせ次第でゲーム展開が楽にも苦にもなるのでよく考えましょう。

 

闘神都市Ⅲ(とうしんとし3)そしえ闘神都市Ⅲ最大の特徴といっていい、付与による成長。
レベルアップや武器などの他に、付与ベースのスロット内に付与素材を配置をすることでナクトを強化させることができます。

素材の大きさは物によって異なり、限られたスロット内に綺麗に隙間なく入れればそれだけ多くの素材を配置できるので考慮しましょう。

また付与ベースもどんどん拡張できます。
配置する付与素材が多ければ多いほどそれだけナクトも格段に強化できるということです。

 

闘神都市Ⅲ(とうしんとし3)闘神大会の試合は5日ごとにあるので、それまでダンジョンを探索してナクトを鍛えておく必要があります。
一部の迷宮では「認証シール」を発見しないと先に進むことができません。

 

闘神都市Ⅲ(とうしんとし3)ダンジョンは当然、モンスターも出現します。
戦闘は一対一の「リアルタイム制」のオートバトルです。

待機時間が終わった時に選択している行動で攻撃やアイテムの使用などが行われます。

そして見事、勝利するとで経験値、GOLD、付与素材などを獲得できます。

 

闘神都市Ⅲ(とうしんとし3)ゲームが進めばダンジョン内はより複雑になっていきますが、オートマッピング機能があるので安心です。

 

闘神都市Ⅲ(とうしんとし3)そして、出現するモンスターも格段に強くなっていきます。
このゲームの戦闘はナクト一人で戦うので、負けたら即終了なので気が抜けません。

 

闘神都市Ⅲ(とうしんとし3)敵を倒して経験値が一定基準に溜まったらレベル神を召喚することでレベルアップが可能となります。

 

闘神都市Ⅲそしてナクトを鍛え上げ、闘神大会に挑むことになります。
試合に勝つことで対戦相手のパートナーを好きなようにできます。

 

闘神都市Ⅲ(とうしんとし3)他にもイベントなどでもお楽しみなCGはたくさん用意されています!

闘神都市3 販促ムービー(ノンアダルト版)

闘神都市Ⅲの詳細情報

ゲーム名 闘神都市Ⅲ(とうしんとしすりー)
ブランド名 アリスソフト
発売日 2008年11月28日
ジャンル RPG(18禁)
対応OS WindowsXP /Vista
販売価格 8,500円(税抜)

闘神都市Ⅲをプレイした感想

闘神都市Ⅲは過去のシリーズ同様、大会に出場し、ダンジョンで探索しつつモンスターとの戦闘で鍛え、対戦相手のパートナーを自由にするHイベントに進むという大まかな流れは同じです。

前作の闘神都市Ⅱが1994年に発売されたので約14年の時を経ての新作でしたのでファンにはたまりませんでした。
グラフィックも大幅に強化され、一部のキャラにはボイスがあります。

ただ、ダンジョン自体はⅡに比べるとかなり狭く簡略化された印象です。
もちろん、今作がシリーズ初プレイとなる方にはとくに気になるところではありせん。

戦闘はわりと賛否両論です。
オートで楽になった反面、慣れてくるとレベル上げなどでは基本放置になりがちでちょっと緊張感がなくなるかもしれません。

ただ、スキルの選択や付与の配置などを考えるのが楽しいので、戦闘が作業的になったと感じたらそれらがうまく機能しているからだと思います。

とくに付与に関しては限られたスロット内に自分でパズルのように素材をはめてパワーアップさせていくのが新しい感覚で個人的には珍しく感じ楽しめました。

このシステムはのちにランス9での浮要塞のカスタマイズでも適用されています。

 

闘神大会で優勝するとどうなるか?
その後のストーリー展開も含めて面白く、グラフィックが綺麗でなにしろキャラクターがかわいいです。

ボリュームは40時間程度でクリアできる内容なので、すごく長いというわけではありませんが、システム的にも難しくないので、気軽に楽しめるアダルトゲームとしておすすめできます。

そして、URRRRYYYYとでもいいそうな、どこかで聞いたことのあるボイスの某有名声優も出演しています(笑)。

闘神都市Ⅲのご購入ならこちらから(2019年9月現在)

闘神都市Ⅲを格安で購入されたい場合は、パッケージ版と違いWindowsの7/8/10に対応して比較的安値のDMMのダウンロード版をおススメいたします!

 

闘神都市Ⅲ(とうしんとし3)

 

 

最大規模の大特価キャンペーン開幕!

DMMウィンターセール2019

今回の記事が楽しめましたらブログランキングの応援よろしくお願いします!
今後の記事作成の励みにさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*