エンディングは必見!の凌辱ゲーム【鬼作(きさく)】の感想(Windows10対応アニメ追加版あり)

鬼作ゲームレビュ―鬼作(きさく)は2001年にエルフ(elf)から発売されたアドベンチャーゲームです。

「遺作(いさく)」「臭作(しゅうさく)」に続く「おやぢシリーズ」の第3作目であり、シリーズ最後の作品となります。

 

出典:FANZA GAMES(旧:DMM GAMES.R18)

鬼作のゲーム概要

鬼作ゲームレビュ―鬼作は己の鬼畜の美学を貫く為に杉本製薬の管理人となり、ターゲットとなる獲物を狙うことになります。

対象となる女性は君崎宏美・三波撫子・白石桃子・姫野優里・秋本葵・末広円香・柏木綾乃・杉本翔子の8人です。

このゲームは女性キャラクターの弱みを見つけて写真に撮りそれをネタに脅迫して鬼畜行為を行うことです。
その野望の為に、日常では猫を被って人のいい管理人を演じたり会社の人との接待することなど仮の姿を演じて女の子を欺きます。
目的の為には手段は選びません!

 

鬼作ゲームレビュ―まずは自室である管理人室で翌月の週ごとに行動するスケジュール内容を決めることになります。

主に日中では寮内、社内、街中などを徘徊してターゲットとなる女性を発見して交流を深めたり、シャッターチャンスを狙います。

 

鬼作ゲームレビュ―スケジュールを決めると実際に選択した場所で鬼作は行動します。
女性だけではなく誰かしら発見できればイベントシーンへと進みますが、時には空振りに終わることも。

時期や場所によって出会うキャラが異なったり特定のキャラを陥れる決定的なイベントが発生することもあるので様々な行動を試してみましょう。

 

鬼作ゲームレビュ― またゲームが進むと鬼作は管理人を兼ねたまま杉本製薬の正社員へと登用され、営業活動を任されることになります。

定められた期間に一定のノルマを達成しなければゲームオーバーになるので、女の子だけを追いかけ回すというわけにはいきません。

 

といっても忙しい社内でもそこに女性がいれば鬼作にとっては脅迫する為のネタ探しの場所でしかありません。
仕事中だろうとなんだろうと常にどこでも目をギラつかせてます!

 

鬼作ゲームレビュ―そして一瞬のタイミングも見逃さずデジカメでパチリ!

 

鬼作ゲームレビュ―夜にはその日の収穫を確認したり、営業のことや鬼畜道を勉強をしてスキルを向上させることもできます。

そして必要な写真などの脅迫ネタが十分にそろっていれば女の子を追い込むことができます。

逆にネタ不足だと警察に通報されてバッドエンドを迎えることもあるので慎重にいく必要があります。

 

 

鬼作ゲームレビュ―ターゲットとなる女の子を陥れる為には、必須のイベントが必ずいくつか存在します。
時には人づきあいなどもして別の角度から親交を深めていき、徐々に狙っていく戦略も必要です。

 

鬼作ゲームレビュ―そんなある日、ついに決定的な好機到来!!
偶然街でターゲットの女の子を発見して尾行するととんでもないことしていました!

 

鬼作ゲームレビュ―そして脅迫ネタを十分に集めたことにより、鬼作は行動を起こすこととなります。
寮の空き部屋に呼び出された女の子は反論するも、鬼作の巧みな話術と迫力に圧倒され………

ついに観念します。

 

鬼作ゲームレビュ―どうにもできない現状に心が折れた少女はもはや鬼作の思うがままに…。

当然、一度や二度の行為では終わりません。

 

 

鬼作ゲームレビュ―鬼作は1人や2人凌辱したところで己の欲求を満たすことはできず、
その後も他の女の子を追い込む為の脅迫ネタ探しは留まることを知らずエスカレートしていきます。

 

鬼作ゲームレビュ―中には高慢な態度でなかなか弱みを見せない難敵もいるので、時には正面突破ではなく周りの協力を得てネタを得る場面もでてきます。

 

利用すできるものはすべて利用し、鬼作は悪行の限りを尽くし続けます…。

鬼作の詳細情報

ゲーム名 鬼作(きさく)
ブランド名 エルフ
発売日 2001年3月30日
ジャンル アドベンチャー(18禁)
対応OS Windows98、Me、2000、XP
販売価格 9,800円(税抜)

鬼作をプレイした感想

見た目はほとんど前作の臭作と区別がつかないですが、女子寮の中だけで盗撮しまくるインドア派の臭作に対し、弟の鬼作は積極的に外を動き回ったり、時には交流として会社のイベントに参加したりしてネタを探すなど社交的でアウトドア派です(やってることは大差ないけど)。

その為、プレイヤーの選択範囲が「臭作」よりもかなり幅広くなっています。

 

女の子の弱みを掴んだり決定的瞬間を写真に撮ったりなどするところは同じですが、「鬼作」では鬼作自身の特定のパラメータを一定数上げないと発生しないイベントがあります。

さらに「表の顔」として営業活動をして一定期間にノルマを達成しなければいけないので、若干、臭作に比べると行動に制限が出来て難しくなっています。

ただこれらの要素は悪い意味でなく、女の子を追いかけ回しつつ、パラメータも考慮して営業活動も考えなければならないというゲーム要素の向上とも受け取れます。

そうはいっても初回じゃどこでどのようなイベントが発生するかわからない中で、営業活動も並行しなければいけず、意外なイベントが実は特定の女の子の弱点に関わるなど、良くも悪くも複雑な条件が多く難易度はわりと高めかもしれません。

 

複数の女の子が参加してくる社外イベントでは、その場にいない(画面に出ていない)女の子は別の場所に移動していることを意味してる場面があり、様子見を見て時間を進めることで画面上の人物も変化します。
こうした場面の変化で好きなターゲートがいないタイミングを狙って覗きに行って別々の人物のCGを得れるというのも面白い要素です。

他にも分岐点やバッドエンディングの種類も多く、それだけCG回収ができるのでセーブデータは複数のポイントを残しておいた方がいいです。

 

鬼作ゲームレビュ―

また鬼作ではテニスやボーリングなどのミニゲームを楽しむことができ、それらの行動次第で後のイベントにも関わってきます。

テニスなどは実際にキーボードで鬼作を動かしてボールを打つアクション性がありなかなか慣れるまで大変です。
(相手が弱いので何度か頑張れば勝てるレベル)

 

もちろん、ゲーム全体の内容は臭作とは同様に面白くて夢中になれます!

場所や時期などで発生するイベントがあるのは「同級生シリーズ」のシステムを流用してるようで、それに加え鬼作のキャラクターと魅力のある女の子達がストーリーの緊迫感や熱中性を作り上げています。

一部では既に陥れた女の子の協力を得ることで別の女の子に使える脅迫ネタを得たりするなど、思いもよらないところで突破口が開いたりする場面もあり、アドベンチャーゲームとしても巧みなストーリー展開が随所に感じられます。

 

鬼作ゲームレビュ―そして、鬼作の部屋にいるこの少女はいったい誰…??

「鬼作」は条件を満たすことで裏ストーリーが始まり、この少女とのストーリーを最後まで進めれば真のエンディングへとたどり着きます。

鬼作を語る上で外せないのがユーザーに評価の高い泣かせるエンディング!

真のエンディングを目指すためにはただ単にイベントを消化していくだけではできません。
鬼作を遊ぶなら裏のストーリーまで体感し、鬼作と少女のドラマを是非、ご覧ください!

鬼作をプレイするには

鬼作が発売されたのが2001年になり、パッケージ版にはCD-ROM版とDVD版があります。
ただ、いずれも現行のOSのPCでは対応していなく正常に動作しない可能性が考えられます。

 

そこで、本サイトではWindows7/8.1/10に対応したダウンロード版を推奨します。

ダウンロード版は「アニメーション追加完全版」となっており、パッケージ版と違い一部の性交シーンでは胸や腰が揺れたりするだけでなく、「鬼作」の他におまけのゲーム「鬼畜探偵禿作」も収録されてるので購入なら絶対にこちらをおすすめします!

 

鬼作アニメーション追加完全版

 

遺作・臭作をプレイするには

鬼作は「伊頭家シリーズ(おやぢシリーズ)」の第3作目となり、他に1作目の「遺作(いさく)」と2作目の「臭作(きさく)」もあります。

「鬼作」をクリアされたら他の伊頭家シリーズも続けてプレイしてみてはいかがでしょうか。
いずれもWindows7、8.1、10に対応したダウンロード版が一番おすすめです!

 

遺作(いさく)

「遺作」ではプレイヤーは遺作ではなく学園の生徒となります。
先生や他のクラスメイトと一緒に旧校舎に閉じ込められてしまったので、校舎を隈なく探索しアイテムと頭脳を駆使して脱出を目指します。

常にダークな雰囲気が漂い、あなたの行動次第では女の子は醜態をさらすことになります…。

 

遺作

 

臭作(しゅうさく)

臭作は女子寮の女の子の部屋や脱衣所などにビデオカメラやデジタルカメラを仕掛け、写真や動画で女の子を脅迫して凌辱するアドベンチャーゲームになります。
女の子の行動パターンを読み取ってスケジュール表を作り上げましょう!

こちらも特定の条件で裏ストーリーが始まります。

臭作の紹介ページ

 

臭作しゅうさく