【Ys1(イースI&Ⅱクロニクルズ)】ファルコムの名作アクションRPGの感想と購入方法

Ys1(イースI&Ⅱクロニクルズ)「Ys(イース)」は日本ファルコムの代表的なアクションRPGです。
歴史は古く、今回ご紹介するイースの一作目が発売されたのは1987年のPC88というパソコン用ゲームからでした。

イースはその人気から家庭用ゲーム機にも実に多く移植されていることで有名な作品です。

本ページはPC88版からグラフィックやBGMを強化してリメイクされたWindows用の「イースI&Ⅱクロニクルズ」に収録のされているイースⅠをベースにご紹介させていただきます。

この作品はPSP版からの逆移植となりPSP版を「オリジナル」として扱っています。

ゲームは「クロニクルズモード」と「オリジナルモード」の選択が可能で、クロニクルズモードは新たにキャラのグラフィックが書き下ろされています。

ゲーム中はBGMを「クロニクルズ」「オリジナル」「PC88」の3種類の音源をいつでも切り替えることができます。

あなたの好きな設定でイースの世界を楽しんでください!

イースⅠのゲーム概要

Ys1(イースI&Ⅱクロニクルズ)赤毛の剣士アドル・クリスティンは「呪われた島・エステリア」の噂を聞き、冒険に旅立ちます。

 

Ys1(イースI&Ⅱクロニクルズ)島に向かう途中の船で嵐に巻き込まれ、スラフという人物に村に運ばれました。
ここから冒険のスタートです!

 

Ys1(イースI&Ⅱクロニクルズ)街や村では冒険に関する情報やヒントを聞くことができます。

 

Ys1(イースI&Ⅱクロニクルズ)中には困っている人の願いを聞くこともあります。

 

Ys1(イースI&Ⅱクロニクルズ)アドルはレベルアップの他に、剣を装備すれば攻撃力が、盾や鎧を装備すれば防御力を上げることができます。
装備は街で購入したり、冒険先の場所で宝箱の中から発見することができます。

また冒険がすすめば様々なリング(RING)を入手することができ、攻撃力を上げたり、HPが自動回復できない場所で回復できるようになる効果を持つリングもあります。

 

Ys1(イースI&Ⅱクロニクルズ)街や村の外に出ると魔物が徘徊しています。
イースの主人公であるアドルは剣士ですが、このイースⅠでは「剣を振る」というアクションはできません(苦笑)。

剣を装備して魔物に体当たりすることでダメージを与えて倒すことができます。

魔物との強さの差があると正面からは大ダメージを受けてしまいますので、半歩ずらしたり、後ろや斜めからぶつかっていけば連続でダメージが与えられ、うまく操作すればボス以外はノーダメージで勝つことも難しくありません。

 

Ys1(イースI&Ⅱクロニクルズ)アドルは草原をメインに神殿、廃坑など様々な場所を冒険することになります。

 

Ys1(イースI&Ⅱクロニクルズ)そしてイースといえば、要所要所で行く手を阻む巨大なボスとの一騎打ち!

見た目も攻撃方法も個性的で、雑魚敵と戦うように体当たりで突撃したままだと甚大な被害を受けてしまいます。

ボスはHPも多いので少しずつ近づいてダメージを与えてすぐに逃げる、「ヒット&アウェイ」が基本です。

「イースI&IIクロニクルズ」デモムービー(PSP版)

※Windows版と一部内容が異なる場合がございます。

イースⅠ(イースI&IIクロニクルズ)の詳細情報

ゲーム名 イースⅠ(イースI&IIクロニクルズ)
ブランド名 日本ファルコム
発売日 2009年12月24日
ジャンル アクションRPG
対応OS WindowsXP、Vista、7、8(※発売当初は7まで、後に8対応版も発売)
販売価格 3,800円(税抜:8対応版)

イースⅠ(イースI&IIクロニクルズ)をプレイした感想

PC88版(98版)の時代からイースをプレイしてきた年齢層はもちろん、イースⅠを知らない、未プレイの若い世代の方にもおすすめできるアクションRPGです。

「イースI&IIクロニクルズ」となって、グラフィックやBGMが大幅に強化され、なんとPC88や98時代にボツになった複数の未使用曲がBGMとして使用されているのは感激しました!

私は「ミュージック・フロム・イース」というサントラCDを所持しているのでこれらの曲を知ってましたし、FM音源の原曲だけでなくアレンジされたクロニクルズバージョンで聴けたのは嬉しかったです。

オープニングムービーや物語のグラフィックや一部追加要素など豪華なリメイク作品となっていますが、本質的な「イース」の面白さは変わっていません。

Ys1(イースI&Ⅱクロニクルズ)
ただ昨今のアクションゲームでは当たり前の「剣を振る」というアクションを搭載せず、体当たりで敵を倒す感覚はいささか古臭い感じもしますし最近のゲームユーザーはあまり馴染みはないかもしれません。

しかしこの攻撃方法がボス戦では一際異彩を放つアクション性を改めて感じさせてくれます。

こちらは飛び道具もなく、とにかくボスの激しい攻撃をかいくぐってわずかな隙をついて攻撃を与え逃げていくのがなかなか難易度が高く、精密で俊敏な操作が要求され、思いのほか熱中してしまいます。

Windwos版なのでUSBに差すゲームコントローラーがあればアドルの移動はかなり楽になりますが、なければキーボードでの操作になります(割り当ての変更は可能)。

キーボードでのアクションに慣れてない方は難易度が若干高くなる可能性がありますが本作はゲーム開始時にモードを選択した後、難易度も選べるのでその辺りは幅広い方に自分にあった難易度で遊べるように配慮されています。

ストーリー展開は魔物を倒してレベルを上げて、アイテムを見つけて進む場所が増えて…。ダンジョンなどを探索して宝箱を探すなどアクション性のある王道RPGです。

ゲームの面白さだけでなくBGMのクオリティが全体的に高いのも人気を支えてる要因なのは間違いありません。

「イースⅠ」は10時間もあればクリアできてしまうゲームなので若干ボリューム不足は否めませんが、「クロニクルズ」なら「イースⅡ」もプレイできるので続けて楽しんでください!

イースI&IIクロニクルズのご購入ならこちらから

今回のイースⅠに加え、イースⅡを収録した「イースI&IIクロニクルズ」を格安でご購入されたい方は3,000円以下で購入できるDMMのダウンロード版が一番おすすめです。

パッケージ版が欲しい方はダウンロード版より若干高くなりますがamazonから購入ができます。

いずれも対応OSはWindows8までです。

 

Ys1(イースI&Ⅱクロニクルズ)

 

 

今回の記事が楽しめましたらブログランキングの応援よろしくお願いします!
今後の記事作成の励みにさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*