【病気イベント搭載の仰天RPG】イブニクル2の紹介と感想

イブニクル2のゲームレビュ―

イブニクル2(Evenicle Ⅱ)はアリスソフトから発売されたファンタジーPRGです。

お嫁さんを次々と娶ってともに戦う「イブニクル」の第2弾となり、一部の設定を流用している箇所こそありますが、基本的に新キャラによる新ストーリーが展開されます。

 

© 2018 ALICESOFT.
出典:FANZA GAMES

イブニクル2のゲーム概要

モンスターと戦えるスキルや魔法を持つのは一部の戦士だけ。
しかしそれらは多用すると病気に罹りやがて命を落とす。

人々はこれを「英雄病」と呼び恐れていました。

 

ブニクル2のゲームレビュ―
田舎町の研修医のアレクはあらゆる病気を治せる「メディカ」というスキルを所持し自身は英雄病には罹ることはありません。

やがて新たな伝染病に怯えて混乱していく世界。

アレクはメディカで生み出した薬を届ける為に王都を目指すことになります。

 

イブニクル2のゲームレビュ―

イブニクル2は広大なフィールドマップを歩き渡り冒険します。

前作同様、冒険中に知り合った女の子をお嫁さんとして娶ることができ、パーティーに加わってともに冒険しともに戦ってくれます。

 

フィールドにはイベント発生を示す緑と赤の矢印マークや宝箱、罠などあり、コレクションとして追加される強力な大怪獣、絶景などの名所も点在しているので、メインストーリー以外のやり込み要素としての探索も楽しめます。

そしてフィールドやダンジョンでは一定距離を歩くごとに画面上の「ENCOUNTER」が増えて行き、7つ溜まると高確率で敵が出現します。

 

イブニクル2のゲームレビュ―冒険先で訪れる街などでは武器や防具を購入したり、人々から情報を得ることができます。

経験値が一定値に達していればレベル神からレベルアップをしてもらえます。

 

イブニクル2のゲームレビュ―ステータス画面ではキャラクターの装備の他、戦闘で使用するスキルを設定します。

各キャラクターには「スキルポイント」が定められ、ポイントの数だけ複数のスキルの装備できるので、周辺にいる魔物の弱点やパーティー全体のバランスを考えるなどして3パータンまでカスタマイズできます。

 

ブニクル2のゲームレビュ―

戦闘シーンではアレク達は最大5人まで参加でき、画面右上のアイコンが左端に達したキャラから行動可能となり攻撃やスキルを実行できます。

戦闘中の各キャラにはBPがあり、ターンが回ってくるごとに1ポイントずつ加算され最大5ポイントまで溜まります。

選択した魔法や特技などのスキルに応じて異なる数のBPが消費されるので、小刻みに使用するか、1ターン待ってBPを溜めるか使いどころに戦略的要素があり、一部の敵は弱点もあるので、相性のいいキャラの特技や魔法を使えば効率のいい戦いができます。

なお女の子モンスターは捕獲することでキャラクターに装備して強化でき売ることもできます。

 

イブニクル2のゲームレビュ―

ストーリーが進み、自宅に戻ればやがて「嫁イベント」を発生させることができるようになります。

 

イブニクル2のゲームレビュ―嫁イベントではカルテを消費し、お好みのお嫁さんを選択することで日常の会話イベントが始まり、稀にエッチなCGを堪能することもできます。

 

イブニクル2のゲームレビュ―そしてイベント終了後にはアイテムを手に入れたりスキルを取得することもあるので、カルテを手に入れたら積極的に使用した方がどんどんパーティーを強化できます。

 

そのカルテをはどのようにして手に入れるのか?
これからご説明します。

 

イブニクル2では、戦闘を繰り返すなどして画面右上の「英雄病深度」が100%になると…

 

イブニクル2のゲームレビュ―
パーティーのお嫁さんが病気に罹ってしまうのです!!

病気になったお嫁さんは、以降の戦闘では攻撃ミスが発生しやすくなったりHPが減ったりする他、移動中のエンカウント率が上昇するなど病気ごとのバッドステータスが追加されるようになります。

 

イブニクル2のゲームレビュ―病気に罹った場合は、各街にあるホスピスに行きアレクが「研究」をすることで病名が判明し対処します。

ただこれはあくまで一時的な治療に過ぎないので、以降も戦闘を続ければ「英雄病深度」は増加され再び同じ病気に侵されてしまいます。

なので根本的に完治するには病気を撲滅する特効薬を作る為のアイテムを入手するしかなく、冒険の先々で発見できます。

 

イブニクル2のゲームレビュ―見事、目的のアイテムを発見し病気を撲滅させた後には「撲滅ボーナス」が発生し、お嫁さんのステータスを一つ選んで強化することできるようになりカルテも入手することができます。

病気を撲滅するアイテム探しは大変ですが、数を多くこなせばそれだけどんどん強くなれるということです。

 

このようにイブニクル2はフィールドを駆け回り、目的場所を探索してボスを撃破してイベントを進行させるオーソドックスなRPGです。

その合間に嫁イベントや病気イベントを達成しながらパーティーを強化させることができ、サブイベントやコレクションなどのやり込み要素もあります。

 

イブニクル2のデモムービー

イブニクル2の詳細情報

ゲーム名 イブニクル2(いぶにくるつー)
ブランド名 アリスソフト
発売日 2019年2月22日
ジャンル フィールドRPG(18禁)
対応OS Windows  7 / 8 / 10
販売価格 通常版:8,800円(税抜)
ダウンロード版:7,200円(税抜)

イブニクル2をプレイした感想

イブニクル2は前作のシステム上の長所をそのまま取り入れて病気などの要素が加わりました。

フィールドは広いですが、マップにどんどん書き込まれていくので道に迷うことはほとんどありませんし、後に瞬間移動の魔法も取得できるので移動のテンポは非常にいいと思います。

 

戦闘も真正面だった前回から横視点になりましたが進め方は同じです。

そして、やはりこのBPの仕様は秀逸です。

小刻みに攻撃した方がいいのか、溜めて強力な攻撃を放つか。
回復するべきか、一気にたたみかけるか。

ケースバイケースに応じた色々な戦い方ができるのが面白いですし、今回は高速戦闘にも切り換えられます。

ただ、前作同様「オートバトル」の開始ボタンが画面左下にあるのは本当に面倒に感じます。
中央あたりにあっても問題ない気もしますがなぜここを改善しなかったのか??
画面右側でスキルを選択してから「オートバトル」までカーソルを動かすには大分距離があります。

 

もう一つ煩わしく感じるのはやはり病気イベントでしょうか。

一つ完治したと思ったら容赦なくまたすぐ別の嫁が新たな病気に罹ったりします。

しかもダンジョンの探索の途中で病気になるものだから、いったん引き返すか、一か八かボスまで突き進むか悩む場面はわりとあります。
追加されるバッドステータスによっては明らかに戻った方がいい時は戻るべきですが。

 

ただ、この病気イベントは撲滅することでキャラクターのスキルを上げることができるのです。

逆に言えば、レベルや装備以外でキャラクターを強化するならこの病気イベントを一つでも多くこなしていく必然性があります。

このあたりが実に巧妙というか「アメとムチ」というべきか、プレイヤーが「やるしかない」という思考になるように練られています。

あと大したことでないですが、なんとなくゲームの性質上、主人公のアレクの性格が明るく社交的でスケベなところが前作「イブニクル」のアスタと大差ないというかほとんどキャラがかぶっている気がします(苦笑。)

 

このようにほんの些細な不満点こそありますが、「イブニクル2」は純粋にロールプレイングゲームとしては楽しめる作品です。

出てくる女の子も全体的に可愛いですし、嫁以外のサブキャラとのエッチシーンも豊富に用意され、本編以外にもサブイベント、マップに散らばる各名所の発見や大怪獣の討伐などやりこみ要素があります。

システム的にはほとんど前作と変わっていませんが「病気」は少し厄介です。
もしこのシリーズを遊んだことがない方はまずは前作の「イブニクル」から始める方をおすすめします。

 

イブニクル2をプレイするには

イブニクル2はパッケージ版とダウンロード版があります。
前作の「イブニクル」も気になる方は遊んでみて下さい。

 

イブニクル2のゲームレビュ―

 

 

 

関連記事

© 2015 ALICESOFT. 出典:FANZA GAMES(旧:DMM GAMES.R18)   イブニクルは2015年にアリスソフトから発売されたファンタージーPRGです。 本作の特徴は複数のヒロイ[…]

イブニクル