エルフの人気鬼畜凌辱ゲーム【臭作(しゅうさく)】の購入はこちらから!

臭作しゅうさく臭作は1998年3月にエルフ(elf)からCD-ROMで発売されたアドベンチャーゲームです。
その後2001年10月にシナリオを一部追加したDVD-ROM版も発売されました。

臭作のゲーム概要

臭作しゅうさく鬼畜主人公の伊頭臭作(いとうしゅうさく)は音楽学院女子寮の潜入の為、偽・管理人となり「たくさん写真を撮って女の子を脅しちゃうぞ作戦」を目論みます。

ターゲットとなるのは女子寮の近藤渚、前島香織、水無月志保、南雲千秋、栗原朝美、藤間萌子、高部絵里の生徒7人と、女性教師の南綾香を含む計8人です。

臭作しゅうさくゲームは1時間を1ターンとして15分ごとの行動パターンを4回決めます。

基本は女生徒の不在を狙って各部屋や脱衣所、トイレなどにカメラを仕掛けます。
デジタルカメラは静止画が撮れ、デジタルビデオは長時間の動画撮影が可能です。

なお女性達の行動パターンはスケジュール表に書き込まれていきます。

臭作しゅうさくその後、仕掛けた場所に生徒がいない時を狙ってカメラを回収し、管理人室のパソコンで映像の確認ができます。

臭作しゅうさく臭作の罠にかかって盗撮された生徒はプライベートを覗き込まれることになります。

そして人に見せられないような、より過激で決定的な映像を集めることで女生徒を脅迫し凌辱していくことになります。

臭作しゅうさく1人、1人と追い込んでいき、もはや臭作に抗える女の子は誰もいなくなります…。

臭作の詳細情報

ゲーム名 臭作(しゅうさく)
ブランド名 エルフ
発売日 1998年3月27日
ジャンル アドベンチャー(18禁)
対応OS Windows95、98、Me(CD-ROM)/Windows98、Me、2000(DVD-ROM)
販売価格 8,800円(税抜)

臭作をプレイした感想

現実では完全な犯罪行為なのでこのようなゲームがあっていいのか!と罪悪感が出るところもありますが、ゲームとしてはオリジナリティが高く、戦略を立てるなど非常によくできていて面白いです。

各キャラにはある程度行動パターンが決まってて、スケジュール表を埋めつつ、自分で定めた行動により撮影が成功してCGが埋まっていくことで達成感もあり、ついつい夢中になってしまいます。

書き込まれたスケジュール表も周回で引き継がれるので、次は別の行動をすることで埋まってないCGの回収を狙えるなど新たな展開も楽しめます。

さらに特定の条件を満たすことで完全に新しいストーリーも用意され、それをクリアすることで真のエンディングとなります。

なお臭作の「伊頭家シリーズ(おやぢシリーズ)」は他に「遺作(いさく)」と「鬼作(きさく)」もあります。

臭作のご購入ならこちらから(2019年7月現在)

発売されたのが1998年とかなり古いゲームになり、現行のPCのOSではほぼ対象外になりますが、DMMのダウンロード版だけはWindows7、8.1、10に対応していますので購入するなら一番おすすめです!

臭作しゅうさく

 

パッケージ版の臭作にはCD-ROM版とDVD-ROM版がありますが、イベントが追加され、比較的対応OSも新しいDVD-ROM版の方をおススメしますが、やはり市場ではCD-ROM版の方が安いです。

対応OSにご注意して遊んで下さい!

臭作しゅうさくDVD

 

鬼作のご購入ならこちらから

「臭作(しゅうさく)」をクリアされたら次作の「鬼作(きさく)」も続けてプレイしてみてはいかがでしょうか?

臭作と違い、鬼作は積極的に外を歩いて女の子の弱みを握って行動を起こしていきます。
エンディングはちょっとした人間味あふれるドラマチックな作りに仕上がっててこちらもおすすめです!

鬼作の紹介ページ

ご購入される場合は、こちらもWindows7、8.1、10に対応したDMMのダウンロード版が一番おすすめです!

鬼作アニメーション追加完全版

 

今回の記事が楽しめましたらブログランキングの応援よろしくお願いします!
今後の記事作成の励みにさせていただきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*