【約400人の戦国武将が登場】信長の野望・戦国群雄伝の感想とおすすめの購入方法

信長の野望・戦国群雄伝信長の野望・戦国群雄伝は1988年に発売されたシリーズの三作目になります。

オリジナルはパソコンのPC88版となり、PC98、X68000、FM TOWNSなど当時の主流となったほとんどのパソコン機種とファミコン、Playstation1などの家庭用ゲーム機にも移植されています。

Windowsb版は「コーエー定番シリーズ」として後にリメイクされました。

この「信長の野望シリーズは」2019年11月現在までに14作品も出てる非常に息が長く三國志シリーズとともに光栄(現:コーエーテクモゲームス)の代表作となっているシリーズになります。

今回はリメイクされたWindows版(DMMダウンロード版)をベースにご紹介しています。

 

信長の野望・戦国群雄伝のゲーム概要

信長の野望・戦国群雄伝ゲーム開始時には統治する国の大名を選択します。
大名により能力はもちろん異なり、シャッフルすることでランダムに変更することも可能です。

この戦国群雄伝は前作の「全国版」から東北・九州などが削除されている為、伊達氏や島津氏は残念ながら登場しません。

その代わり大名以外にも配下武将の概念があります。

 

信長の野望・戦国群雄伝メインのマップ画面は横にスクロールすることで他の国の勢力も見渡せます。

音楽は菅野よう子氏が担当しています。
大名が信長以外で流れる一般大名のBGMはとても名曲でした。

Windows版では画面上にコマンドがあり「内政」で国力を上げて収入を増やしたり「外交」で他国と交渉したり「戦争」を実行して領土を広げたりできます。

各武将に行動力が設定され、コマンドを実行するたびに消費します。
行動力は毎月、政治力の30%で回復するので政治力の高さは内政以外でも重要度が高いといえます。

 

信長の野望・戦国群雄伝他国に攻め込むんだり攻め込まれると戦争シーンに突入します。
戦争には戦場で戦う「野戦」と城の中で戦う「籠城戦」があります。

この野戦では朝・昼・夜があり、夜は夜襲をしかけることができ、通常より大きなダメージを与えることができます。

なお兵種は「騎馬」「足軽」「鉄砲」の3種があり、大名は一部例外を除いて「騎馬」になります。

信長の野望・戦国群雄伝追い込まれた敵国の大名は籠城することもあります。
この「籠城戦」では狭い通路の中を進むので一度に武将を進ませることが難しくなります。
さらに城内には門があり、攻撃して門を壊さないと先に進むことができません。

 

信長の野望・戦国群雄伝 そして苦戦の後、勝利を治めることで敵国の配下武将の采配を決定することができます。召し抱えてどんどん配下を増やしていきましょう。

信長の野望・戦国群雄伝ただ国が無くなり行き場を失った大名だけは斬首一択になります…。
こうして各国の大名を次々と撃破して天下統一を目指します。

なおシリーズでは今作ではプレイヤーの大名が無くなっても配下武将から一人跡継ぎを選んでプレイを続行することが可能となりました。

信長の野望・戦国群雄伝の詳細情報

ゲーム名 信長の野望・戦国群雄伝(コーエー定番シリーズ)
ブランド名 光栄(現:コーエーテクモゲームス)
発売日 1989年12月(PC88版)
ジャンル 歴史シミュレーション
対応OS Windows95/98/Me(Windows版)
Windows:7/8.1/10(DMMダウンロード版)
販売価格 1,980円(Windows版:税抜)
2,178円(DMMダウンロード版:税抜 2019年11月現在)

信長の野望・戦国群雄伝をプレイした感想

私がパソコンのPC98で遊んでいた時は周りの友達は「信長の野望・戦国群雄伝」と「三國志Ⅱ」を遊ぶ人が多かったほどの人気作でした。

どちらも古いゲームなのでゲームのテンポ的にはいささか荒い部分もあります。

いい意味で戦国群雄伝の方が戦闘力の高い武将の攻撃が極端に強く能力差が激しく感じました。
夜襲もうまく使えば三國志Ⅱより格段に速く一回の戦争が終了します。

ただ、籠城戦に入ると逆にてこずる場合があります。
大軍で攻め込んでも狭い通路だと一度に進めず、さらに門も破壊しなければいけません。
さらに、籠った大名が裏口から脱出してひたすら逃げられるとかなり厄介になり、最悪とどめをさせず期限切れで負けになったりすることもよくありました(苦笑)。

なので戦力的に有利であっても確実に仕留めるなら2部隊以上で攻め込むことをおススメします。

戦闘力が高い武将が多い方が戦場で有利でゲームも開始直後からバンバン攻め込んで撃ち落として配下を加えて行けばかなりハイペースで領土の拡大が進みます。

ただ捕らえた武将を斬るか召し抱えるかと思った時、配下武将の能力がわからないのが難点でした。

 

そして戦闘力以上に大事なのが行動力。
前述しましたが政治力の数値が重要になります。。

行動力がなければ行動が何もできません。
例え戦闘力が高くても戦場にも出れません。

最悪、せっかく戦争で勝利しても直後に敵国に攻め込まれ「行動力がなくて放棄した」という形で強制的に敗北になったりします。

 

古いゲームだからかわからないですけど三國志Ⅱ以上にクセの強い部分が随所にありますが、それを逆手に取ればそこが面白く感じられるテンポのいい陣取りゲームです。

なお隠しイベントで「本能寺の変」を発生させることもできます。

そして一般大名選択時のBGM「時の調べ」は本当に名曲です。
ただ私はPC98版の方が好きでした。
この曲を聴きたいだけの為にゲームを起動することもよくありました。

一つ残念だったのは今回のDMMのダウンロード版ではフルスクリーンに対応していませんでした。(コーエー定番シリーズのは未確認)

信長の野望・戦国群雄伝のご購入はこちらから

信長の野望・戦国群雄伝を遊びたくても、さすがに現代でPC88や98の環境を整えたり高額となってる対応製品を買うのは困難です。

その後Windwosでリメイクされた「コーエー定番シリーズ」の方は定価こそ安いですが、対応OSが古いので現行のパソコンで遊ぶことはほぼ動作が難しく、当時のOSのパソコンをを持ってる方にしかできません。
しかも新品の販売価格は恐ろしく高額となっています。

そこで本サイトではWindows7、8.1、10に対応し、しかも格安で購入できるDMMのダウンロード版を一番おすすめします。
現実的にPCでは一番整えやすい購入方法になります。

 

信長の野望・戦国群雄伝

 

コーエー定番シリーズ信長の野望戦国群雄伝

最大規模の大特価キャンペーン開幕!

DMMウィンターセール2019

今回の記事が楽しめましたらブログランキングの応援よろしくお願いします!
今後の記事作成の励みにさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*