【エウシュリーのSLG】神のラプソディの感想【二人のヒロインから選択】

神のラプソディ神のラプソディ 神のラプソディはエウシュリー第16弾となるシミュレーションRPGです。

※正式名称は「神のラプソディ」になりますが、本ページでは一部、「神」を「神」と表記しています。

神のラプソディのゲーム概要

神のラプソディ神のラプソディクヴァルナ大平原の南東部を管理する神に近き者「神の戒土(かみのかいど)」は絶大な力と知識を継承する者の育成を宣言し、聖地『終の御祠(ついのごし)』を開放しました。

候補者たちは開放された地域の探索や試練に挑戦して能力を高めていくことで神の戒土の後継者を目指すことになります。

 

神のラプソディ神のラプソディたった一つの後継者の座をめぐって人間族の研究家であるエルド(エルバラード)は多種族も含めたライバル達と熾烈な争いを繰り広げることになります。

 

神のラプソディ神のラプソディ 神のラプソディのメインヒロインは二人。
ラヴィリエ(左)はエルドの幼馴染。母にあこがれ強い決心で試練に挑むことになります。
ミストリア(右)は幼いころに魔物に襲われて家族と記憶を失っていますが実力は候補者の中でも上位にあります。

神のラプソディはストーリーに分岐はありませんが、ゲームの進行の仕方次第でヒロインは途中でどちらかに確定されます。

 

神のラプソディ神のラプソディ物語の中心となるのがこの「終の御祠」です。
メインストーリーの進行の他、時にはキャラとの親睦を深める交流イベントが発生します。
またキャラクターの成長やスキルの装備も実行できます。(以降に記載)

 

神のラプソディ神のラプソディそして外に出るとクヴァルナ大平原のMAPに切り替わり、森、街道、川など冒険する場所を選ぶことができます。

 

神のラプソディ神のラプソディ選択した場所はさらに数カ所に細かくエリアを選ぶことができ、ストーリー進行の他にも各エリアにはサブミッション的な条件が表示されす。
条件を達成してそのエリアをクリアーすることで宝物が出現します。

 

神のラプソディ神のラプソディ各エリア(戦場マップ)ではヘクス型ダンジョンを採用したシミュレーションバトルになります。
敵、味方、すべてのマップ上のキャラの行動が終了すると次のターンになります。

なお味方はコストと空きなど条件が整ってればいつでも増員が可能です。

 

神のラプソディ神のラプソディ基本は移動して敵を攻撃になりますが、クリア条件はエリアごとに異なります。

敵への射程距離内に近づくとダメージ予想値が表示され、攻撃が可能となります。
ミストリアなど弓矢を使えるキャラは遠距離からの攻撃もできます。

移動や攻撃は地形や高低差なども影響するので注意が必要です。

初見ではなかなか突入前に表示されたミッションを全て達成することはできないと思いますので、とりあえずストーリーに関する目的だけ達成して後に強くなってからチャレンジする方がいいでしょう。

 

神のラプソディ神のラプソディ そしてエリアをクリアして神の御祠に戻り、イベントを進めたり、合間に味方キャラを育てます。

「継授の符」では、得られた4色の符をくぼみにはめることにより、攻撃、魔法、命中、回避を上げることができ、縦、横、斜めのいずれか5つ並べてはめることでラインボーナスとしてスキルを得たりレベルを上げることができます。

「継授の符」はストーリーを進めて行くと何冊か手に入り、中のくぼみの配置などは異なってきます。

 

神のラプソディ神のラプソディ「武器強化」では獲得した強化ポイントをHP、攻撃、魔法のいずれかに振り分けることができます。
武器による攻撃か魔法で攻撃するかはキャラによってある程度定めておいた方がいいです。

 

神のラプソディ神のラプソディ「神玉装備」は神のラプソディの戦闘を円滑に進めて楽しむ為の重要な設定です。

得られた神玉をコスト内で装備することでスキルを1人最大8つまで装備することができます。

神玉には大きく任意発動、常時発動、条件発動、と3種類の発動条件があり、攻撃力を上げる、味方を援護する、特技を使う、回復魔法を使う、障害物を破壊するなど神玉は種類は300以上あります。
(※条件でソートをしたり、お気に入りの状態を保存することができます。)

あれもこれも必要なのはありますが、ある程度キャラごとに役割を持たせる方が面倒になりません。

 

神のラプソディ神のラプソディそして神玉交換所では不要な神玉を複数消費することで強力な神玉と交換することもできます。

 

神のラプソディ神のラプソディもちろん、エウシュリーのゲームだけあって美少女キャラも多数登場!
お楽しみのイベントも盛りだくさんです!

『神のラプソディ』OPデモムービー

 

神のラプソディの詳細情報

ゲーム名 神のラプソディ
ブランド名 エウシュリー
発売日 2015年4月24日
ジャンル 神格継承SRPG(18禁)
対応OS WindowsVista/7/8/8.1
販売価格 9,400円(税抜)

神のラプソディをプレイした感想

神のラプソディは全体マップから目的地である戦場を選択し、指定された条件をクリアし、拠点である「神の御祠」でキャラクターを育成したり、スキルをカスタマイズし、イベントを進行させるのが大まかなゲームの流れになります。

 

主人公であるエルドは深夜アニメの主人公のようなキャラ、扱いからネット上では一部「さすエル」と揶揄されたりしてます。
サブミッションでは木をひたすら切りまくったり石を破壊しまくるだけの作業的なミッションなどもある為、これら二つが最も大きな要因となり

エウシュリーのゲームの中ではユーザーから不満が多い作品とされています。

もちろん、それらの声は決して嘘ではなく間違ったことではありません。

 

ただ、私は「神のラプソディ」というゲームそのものは本当に面白いと思っています。

神玉装備のカスタマイズが本当によくできていて、限られた装備枠にどういった組み合わせのスキルを装備するかで色々とキャラの使いどころが変わってきます。
これが本当にいい意味で時間をかけてまでじっくり頭を悩ませたくなるところです。

仮に敵が強くて進めない時も、一度考え直して神玉の組み合わせや出撃メンバーを変えることであっさりクリアーできたりします。

というのも、このゲームは敵をひたすら倒しまくったところでレベルは上がらないので、エルドをはじめとする仲間を強くするためには必然的に神玉装備で自分にあった強い組み合わせを見つけるしかないのです。

そういうところもこのゲームのオリジナリティの高さであり評価できるポイントと思ってます。
ただレベル上げ作業して強くなってクリアできたらそこら辺のゲームと変わりません。

 

この時代(2015年)のエウシュリーのゲームにしてはストーリーの分岐がなく、ラヴィリエとミストリアの2種類しかkキャラクターのルートがないのは確かに残念かもしれません。

それでも、やはりエウシュリーのゲームだけあって、クリア後の二週目以降では、クローンとして一周目の仲間を最初から使えたり、各要素を引き継いで一周目ではクリアできなかったマップに挑んだり、周回専用イベントも用意されています。
もっと深くやりこむならアペンドディスクもあります。

 

主人公のキャラ設定はまぁ仕方ないとして、やりたくない作業イベントも無理にやることはありません。
純粋に、キャラ育成とシミュレーションバトルを楽しむゲームとして非常におすすめできます!

神のラプソディのご購入ならこちらから(2019年10月現在)

神のラプソディのパッケージ版はamazonで通常版の他にも、
発売当時の予約特典アペンドディスク付きセットも販売されています!

DMMではダウンロード版が購入でき、すぐに遊ぶことが可能です。

お好みのメディアでご検討してみてください。

 

神のラプソディ神のラプソディ

 

 

 

なおamazonでは現在、アペンドディスクが単品でも購入が可能です!

※こちらは「神のラプソディ」本体が必要になりますのでご注意してください。

 

神のラプソディ神のラプソディ予約特典:彼女の裸を覗かないわけにはいかない!!DISK(アペンドディスク)

 

最大規模の大特価キャンペーン開幕!

DMMウィンターセール2019

今回の記事が楽しめましたらブログランキングの応援よろしくお願いします!
今後の記事作成の励みにさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*