【大海原を冒険するPCゲーム】大航海時代の購入は今すぐココから!

大航海時代は没落した貴族の子孫である主人公が成り上がる為に航海に旅立つリコエイション(シミュレーション)ゲームです。
歴史上の「大航海時代」を舞台にしていますがストーリーはフィクションです。

オリジナルは1990年にパソコンのPC88シリーズやPC98シリーズで発売され、その後PC9801版をベースに復刻した「コーエー定番シリーズ」としてWindows対応版が廉価版として発売されました。

大航海時代のゲーム概要

大航海時代ゲームはポルトガル領のリスボン港からスタートしますが、航海に出るにもまだ色々と準備不足です。

序盤は最低限の船員と水や食料を集め、交易所で買った商品を積んで航海に出て近郊の他国の港で買値より高く売ることで利益を得て地道にお金を稼いでいきます。

大航海時代港を出ると海上のマップに切り替わります。
水と食料がなくなると日に日に船員が減っていき、やがてゲームオーバーになるので残量には常に注意が必要です。
まずは遠くには行かず、地中海を中心に航海し、港をどんどん発見していきましょう。

大航海時代お金が貯まってくれば船を新造したり中古船を購入できます。
交易向きや戦闘向きなどじっくり考えて船を選んでください。

推進力の高い船はスピードが増し、積載量が多い船は水や食料や特産品をたくさん積んでより遠くへの交易や冒険が可能となります。

大航海時代冒険するマップはとても広いです。
航海中は暴風やねずみが発生したり海賊に追われたりと決して順風満帆とはいかず、トラブルが続きます。

大航海時代時には海賊や他国の艦隊と戦闘になることもあります。
船員による近接攻撃や砲弾による間接攻撃を駆使して相手の船を沈めましょう。

船員の人数や装備など戦闘の準備が不足している場合は勝ち目がないのでとにかく逃げるしかありません。

大航海時代航海中に新たに港を発見したり、他国に投資して同盟港を増やしなりなど、特定の条件を満たせば名声が上がります。
規定値に達すれば、港の人から依頼がかかり、指定された交易品を集めたり条件を達成することで主人公がその国に貢献したことになります。

やがて王様から勅命が下り、達成することで爵位を得ることができます。
手紙の配達程度は簡単ですが、海賊を退治したり宝を探すのはなかなか大変です。

このように大航海時代は航海して名声を上げてストーリーが進行するゲームです。

大航海時代の詳細情報

ゲーム名 大航海時代(廉価版:コーエー定番シリーズ 大航海時代
ブランド名 光栄(現:コーエーテクモゲームス)
発売日 1990年5月(PC88版)・廉価版/不明(Windows版)
ジャンル リコエイションゲーム
対応OS windows98/Me/2000/XP
販売価格 通常版 /9,800円・廉価版/1,980円(税抜)

大航海時代をプレイした感想

大航海時代のゲーム性はオンリーワンです。
何もかもが今まであなたがプレイしたゲームと違った感覚と面白さが味わえます。

船に乗って大海原を冒険する、というのは様々な経験をすることができます。

交易をして遠方で高額で売ったり、暴風雨や海賊から逃げ回ったり。
食料がつきそうになった時に新たに港を発見して救われたり、
古代の遺跡を発見したり、宝の地図をもらって苦労の末発見したり。
そして王の勅命で海賊を探し回って退治したり…。

船で冒険するロマン、醍醐味がこれでもかと詰め込まれてます。
食料不足や暴風雨や海賊などが進行を妨げ、ゲームとはいえ大海原に旅立つということの過酷さを身をもって知ることができるのです。

ただ、様々な試練を乗り越え、目的をやり遂げた時の達成感はそれだけ格別です。

大航海時代と大航海時代Ⅱのご購入ならこちらから(2019年7月現在)

大航海時代を安く早く購入してすぐに楽しみたいならDMMからのダウンロード購入がおすすめです!

対応OSはWindows7/8.1/10なので現行のパソコンなら問題なく遊べます。

 

 
なお主人公の人数を増やし、それぞれ別のストーリーが楽しめる大航海時代Ⅱも同様にダウンロードできますので一緒に遊んでみて下さい!

 

 
なおWindowsで販売されていた「コーエー定番シリーズ」の大航海時代は廉価版とはいえ、古いゲームで在庫も少ないため高額になってるのは否めません。

ただ商品の品薄状態を考えると、どうしてもダウンロードではなくソフトとして手に入れたい方は在庫がある時がチャンスと、考えを切り換える必要があります。

 

古いOSのWindowsパソコンのご購入ならこちらから

「コーエー定番シリーズ」の大航海時代を手に入れても現行のWindowsマシンのOSでは対応していない為、仮にインストールできても正常に動作しない可能性があります。

今ならWindowsXPのパソコンも1万円以下で買える機種もありますので、少し余裕がある方は古いゲームを遊ぶ為にWindowsXPなどの古いOSのパソコンの購入もご検討してみて下さい。

WindowsXP

 

今回の記事が楽しめましたらブログランキングの応援よろしくお願いします!
今後の記事作成の励みにさせていただきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*