【一年かけて愛を育むエルフ(elf)の恋愛アドベンチャー】下級生の紹介と感想

下級生ゲームレビュ―

下級生は1996年にパソコンのPC98でエルフ(elf)から発売された恋愛アドベンチャーゲームです。

エルフの恋愛アドベンチャーでは過去に「同級生シリーズ」を発売し大ヒットしてますが、この「下級生」は同級生とは異なる新たな設定を施した別シリーズとなります。

タイトルの「下級生」は「同級生」の妹分の位置づけの意味がこめられていますが、ゲームが下級生中心というわけでもなく同級生はもちろん年上のヒロインも多数登場します。

 

(C)エルフ
出典:FANZA GAMES(旧:DMM GAMES.R18)

下級生のゲーム概要

下級生ゲームレビュ―

下級生は主人公のけんたろうを操作し、同級生シリーズ同様にフィールド移動型の要素を加えた恋愛アドベンチャーゲームです。

学生寮で一人暮らしをしているけんたろうを好きな場所に自由に移動させて女の子と出会い、イベントを進行させて好きな女の子との恋を成就させるのが目的です。

 

ただゲーム期間が夏休みや冬休みなどの連休中だった同級生とは異なり、下級生は一年間の行動期間が設けられています。

そのため、同級生シリーズのようにイベントを進めてHをして最後に恋愛成就させてハッピーエンドという流れとは大きく異なり、ヒロインによっては早い段階でHしたりすることが可能です。

もちろん、期間が一年間になったことで夏のイベントや冬のイベントなどもあり、デートを何回も重ね、Hも一度や二度でも終わりません。

同級生より期間が長くなったことで各ヒロインとの関係を徐々に築き上げていくことに重点を置いています。

 

 

下級生ゲームレビュ―

【下級生に登場する13人のヒロイン】

結城瑞穂(ゆうき みずほ)
神山みこ(かみやま みこ)
新藤麗子(しんどう れいこ)
加納涼子(かのう りょうこ)
橘真由美(たちばな まゆみ)
南里愛(みなみざと あい)
飯島美雪(いいじま みゆき)
皆川奈々(みながわ なな)
持田真歩子(もちだ まほこ)
山下美夏(やました みなつ)
緑谷麻紀(みどりたに まき)
三月静香(みつき しずか)
ティナ

 

下級生ゲームレビュ―下級生では一部ヒロインに対して直接、家を訪ねて会話することもできます。

出会うヒロインによってはまず電話番号を教えてもうらうところから苦労します。
そして自宅で電話してデートに誘うことがが可能となります。(※携帯電話が普及していない時代設定)

 

主人公に対する好感度も女の子ごとに違うので適切な選択を選んだり時にはプレゼントなども効果を発揮します。

またデートスポットも女の子によって好印象の場所やイベントが発生するのもあるので街中のどこかにあるヒントを聞くなどの調査も必要です。

 

このように短期集中だった「同級生」と異なり、1人1人の女の子の感情、生活パターンなどがよりリアルに近づき長期に渡って愛を育んでいくのが「下級生」です!

 

下級生の詳細情報

ゲーム名 下級生(かきゅうせい)
ブランド名 エルフ
発売日 1996年6月7日(PC98版)
ジャンル 恋愛アドベンチャー(18禁)
対応OS Windows95、vistaなど(windowsのパッケージ版)
販売価格 9.800円(PC98版)
4,180円(ダウンロード版価格)

下級生をプレイした感想

「下級生」の基本的なゲームの流れとして自分の好きな時に好きな場所に行くだけで自由さは「同級生」と同じです。

ただ「同級生」と「下級生」では異なるシステムの特徴により好みが別れるかと思います。

 

・同級生シリーズ
キャラクター原案:竹井正樹
ゲーム期間:約二週間
一人あたりのイベントCG:少ない
プレゼントなどのアイテム:なし
・下級生シリーズ
キャラクターデザイン:門井亜矢
ゲーム期間:一年間
一人あたりのイベントCG:多い
プレゼントなどのアイテム:あり

 

主な特徴は以上のとおりです。
いずれも一周だけで登場ヒロインの全員同時攻略は不可能で、あるヒロインと仲が深まることで別のヒロインのフラグが折れたりすることもあります。

それでも同級生シリーズはだいたい2周プレイくらいで完全攻略は可能ですが、下級生シリーズは一年を通して目的となるキャラクターのイベントを複数消化していくのは非常に困難です。

何人も何人も欲張りすぎると、最悪、ヒロインによっては取りこぼしが発生してまた次周最初からやる必要も出てきます。

 

下級生ゲームレビュ―
しかもデートイベントで稀に出現するCGの条件を自分で探したりヒントを基に行動するので同時攻略の人数が多ければ多いほどスケジュール管理が大変になるので2周プレイくらいでは厳しいです。

しかも下級生シリーズにはプレゼントを買って好感度を上げたり何度もデートをするのでお金の使い方も考慮しなければならずこちらも目的とする攻略キャラの人数が多いほどシビアになっていきます。

そういうわけで下級生は一周でじっくりと2、3くらいの攻略をするのが無理なく楽しめる方法です。

 

このように一人のヒロインに対して何度もデートやエッチして様々なCGを発見して回収しながら一回のゲームボリュームとして長く遊びたい方には「下級生」シリーズの方をおすすめします。

あとは恋愛アドベンチャー、アダルトゲームである以上、登場する女の子の好みだけで決めてもいいと思います。

私はシステム的にはゲーム期間が丁度いい「同級生シリーズ」の方が好きですが、ヒロインのデザインについては門井亜矢の描く結城瑞穂や神山みこなどが登場する「下級生シリーズ」の方が好みでした。(どうでもいい情報ですみません。)

それではヒロインの個別に用意されてるストーリーを実際にプレイして楽しんでみてください!

下級生をプレイするには

下級生は発売当時のPC98版はもちろん、移植されたWindowsのパッケージ版は対応OSが古いので現行のPCで正常に動く可能性はありません。

そこで現在、購入して遊ぶための一番おすすめの方法はWindows:7/8.1/10に対応している【下級生 オリジナル復刻版】のダウンロード版になります。

 

他にも続編となる「下級生2」や「下級生」と「下級生2」がセットになった「下級生1&2コンプリートパック」もあるのでご検討してみて下さい。

 

下級生 オリジナル復刻版【Windows10対応】